ホーム

軽貨物ネットでは、軽貨物運送業を開業する前にこれだけは知っておいた方がいいという基礎知識はもちろん、開業後にも役立つ情報を発信しています。

低資金で開業できる軽貨物運送業

脱サラして独立開業を考えた時、何の資格も特技もない、手に職もないという方が最初に思いつくのが、フランチャイズではないでしょうか。

フランチャイズには、飲食店やコンビニ、その他のサービス業などさまざまな職種がありますが、資金さえ用意できれば、その職種のノウハウから経営方法などを学びながら、仕事ができるということで、独立開業したい方にとってはとても便利なシステムではあります。

しかし、一般的な飲食業などの場合、店舗や仕入れなどで数千万円単位の資金が必要な場合も多く、開業資金が潤沢にある方以外は難しいという側面もあります。

その点、低資金で開業できるということで人気なのが軽貨物運送業です。

軽貨物運送業というのは一般的な呼び方で正式名称は「貨物軽自動車運送事業」と言います。

貨物軽自動車運送事業を略して「軽貨物運送業」と言ったり、さらに略して「軽貨物」と言っても通じます。

軽貨物運送業は、軽1BOXもしくは軽トラック1台と運転免許さえあれば、特別な資格や技術も高額な資金も必要ないということで、脱サラした方はもちろん、定年退職した方や女性の方にも人気がある業種です。

スポンサーリンク

軽貨物運送業を開業するには、条件を整えてから、陸運局に開業の届出を提出すれば良いので、非常に簡単なのですが、開業しただけでは仕事がありませんから、軽貨物のフランチャイズに加盟して開業するという場合がほとんどです。

軽貨物のフランチャイズの募集広告を見ますと…

月収50万円以上可能」

自分のペースで働ける」

低資金で開業できる」

中高年や女性でも簡単にできる」

などの魅力的な文言が並んでいます。

また1人で運転して、配達をするのが基本的な仕事なので、アルバイトなどの人材確保も必要ないといった気楽さも想像がつくことから、人件費の計算や複雑な人間関係のトラブルとも無縁とも言えます。

しかし、本当に軽貨物は各社の宣伝文句のようなおいしい職種なのでしょうか?

事実、実際に軽貨物を開業した方の中には、すぐに廃業してしまう方も多いです。

一方では、低資金で開業したにもかかわらず、年商1000万円以上稼ぐ人もいます。

そのような結果は軽貨物に限らず、どんな職種であっても同じではありますが、軽貨物の開業が他の職種に比べて簡単だからと言って、簡単に稼げるということではありません。

軽貨物運送業歴20年以上の管理人

当サイト「軽貨物ネット」では、30歳で軽貨物運送業を開業してから、20年以上継続している管理人が、軽貨物運送業で独立開業を目指しているあなたに軽貨物運送業の実態や開業するための心構え、稼ぐためのコツなど、軽貨物の基礎知識というべきことを中心に情報発信していきます。

管理人プロフィール
管理人の古畑と申します。軽貨物のあれこれを語る前に、まずは筆者である私がどこの誰かがわからなければ、信用していただけないと思いますので、まず...

それだけでなく、軽貨物に使う車についてのあれこれから、仕事中に起こった嬉しい出来事、辛い出来事などの体験談など、これまでの経験からわかった軽貨物に関するありとあらゆることを嘘偽りなく公開しています。

軽貨物で独立開業を目指している方には、是非知っておいて欲しい情報ばかりですので、参考にしていただき、軽貨物開業の手助けになることを心よりに願っております。