アプリを使ったまったく新しい配車システム『ピックゴー』について

毎年のことですが、年度末の3月から新年度の4月にかけては物流が動く時期なので、管理人も忙しい毎日を送っています。

こういった繁忙期を過ぎると軽貨物の仕事が減り、一気にヒマになることも珍しくありません。

つまり先月はあんなに忙しかったのに今月はめちゃくちゃヒマで困る…ということになる場合もあるんです。

そんなヒマな時にちょっとした仕事ができれば、売上が減った分を補えるのになぁと考えるものですが、そんなう都合のいい仕事というのはなかなか見つかりません。

ところが荷主とドライバーを結ぶマッチングサービスのピックゴーを使えばそんな都合のいい仕事を探せるかもしれないのです。

そこで今回はピックゴーについて、今現在わかっていることをまとめたいと思います。

20180420pickgo

ピックゴーとは?

ピックゴーというのは、配達をしてもらいたい荷主と仕事をしたい軽貨物運送業者を結びつけるためのマッチングサービスです。

スポンサーリンク

ピックゴーの特徴は?

ピックゴーの最大の特徴は、スマホのアプリを使って荷主とドライバーをつなげるという今までに無かった配車システムを採用しているところでしょう。

仕事の請負方法はアプリに掲載されている依頼リストから、自分の都合にあった仕事に応募するといったことができるようです。

ピックゴーでの売上は?

そして特筆すべき点が、仕事をした分の売上を即日入金してくれるというところです。

軽貨物運送業での支払いは締め後、2ヶ月などというのは当たり前ですが、ピックゴーでは平日の銀行営業日の14時半までに申請すれば当日入金で、14時半以降の申請は翌銀行営業日の入金になります。

これはすぐに燃料代などを補てんできますから、非常にありがたいことです。

スポンサーリンク

仕事をしたいドライバーはまずピックゴーに登録をしなければいけませんが、登録は完全無料で公式サイトかアプリから登録できます。

アプリはAndroidスマホならこちら、iphoneならこちらからダウンロードできます。

今現在、わかっていることはこれくらいですが、もしこのシステムがうまくいくようであれば、大きく稼ぎたい人はどんどん仕事を受けることもできますし、自分のペースで稼ぎたい人はできそうな仕事だけをチョイスすることもできるということになります。

あとは途切れず仕事があるのか?とか配達地域はどこなのか?など、実際に仕事になるのかを否かをを調べて、ここで掲載していこうと思っています。

参照:ピックゴー公式サイト