電話帳配達は稼げるか?日本全国で募集している軽貨物の仕事だが…

軽貨物の仕事を探している方には諸事情で仕事を選ばなくてはいけないという方も多いと思います。

30~40代で軽貨物運送業を開業する方の多くは、生活のためにがっつり稼ぎたいという場合が多いですが、定年退職後の仕事として考える方、子育て中の女性など自分のペースで仕事をしたいという方もいらっしゃいます。

そのようなマイペース派の方にとっては、稼ぐ金額よりも時間の都合が付けられるということにフォーカスしている場合も多いものです。

そんな方に最適なのが電話帳配達の仕事です。

20180610denwacyouhaitatu

スポンサーリンク

電話帳配達の仕事とは、NTTが発行しているタウンページやハローページを各家庭に配達する仕事ですから、個人宅配の部類に入ります。

しかし個人宅配とは決定的に違うポイントが2つあります。

  1. 受領印をもらう必要がないので不在でも配達できる
  2. 時間指定の配達は一切無い

この2つのポイントはマイペースで仕事をしたいという方には絶対条件とも言えるポイントです。

特に小さなお子様がいらっしゃる子育て中の主婦や空いた時間に働きたいという女性の方などは、自由な時間で仕事ができるので最適だと言えるでしょう。

さらにこの電話帳配達の仕事は、日本全国で募集している仕事でもありますので、なかなか仕事が見つからない地域にお住まいの方でも探せる仕事でもあります。

電話帳配達の仕事内容は?どれくらい稼げるの?

この電話帳配達の仕事内容やどれくらい稼げるのかが気になりましたので、まず電話帳配達の仕事をやったことがある方々の意見を確認してみたところ、次のようなポイントが見つかりました。

  • 配達単価は地域や請負業者によって差があり1冊35円~70円
  • 古い電話帳の回収があり回収率が悪いと配達単価が下がる

このポイントを踏まえた上で計算してみますと、回収率が0~50%ほどだった場合の単価35円と仮定すると100軒配達して3500円、回収率が60~90%ほどだった場合の単価70円と仮定すると100軒配達して7000円ということになります。

電話帳配達で稼ぐためには、配達件数×回収率ということになるようです。

中には1日300件以上配達するという猛者もいらっしゃるようで、そういう方は1日20000円近くも稼げるということです。

スポンサーリンク

注意点としては、電話帳の発行は年1回ですのでひとつの地域が終わったら違う地域へ移動しなくてはいけないということです。

独身で自由に動ける方ならいいかもしれませんが、家庭を持つ主婦や子育て中の女性、定年退職後の高齢者で自宅付近で仕事をしたいという方には厳しいかもしれませんね。

それでも時間に追われずにマイペースで仕事ができて、月に数万円でも稼ぎたいという方の仕事としては良いのではないでしょうか。

ただ、将来性という意味で考えると微妙な仕事と言わざるを得ないかもしれません。

全国の電話帳配達の仕事を募集しているのは、神奈川県横浜市にある若葉ネットワークという軽貨物業者です。

若葉ネットワークでは、電話帳配達と併用して広報誌の配達もあるようですし、電話帳・広報誌配達以外にもアマゾンの配送など小荷物の個人宅配も展開しているようです。

ちなみに電話帳・広報誌配達の募集地域および応募はこちらから確認できます。