軽貨物運送業者にとって便利なスマホの申し込みならエントリーパッケージがお得!

今は昔と比べるととても便利な時代になりましたが、最も便利なもののひとつにスマホがありますよね。

スマホが1台あれば、電話はもちろん、カーナビで道を調べる、ガソリンスタンドを場所と価格を調べる、近くの道の駅やドライバー休憩所を調べるなど我々、軽貨物運送業者にとっても役に立つアプリもたくさんあります。

仕事で使う以外にも、荷物の積込み待ちの時には動画が見られたり、漫画や小説が読めたり、ゲームができたり、綺麗な景色を撮影したり、あるいは副業の作業や株の投資ができたりとスマホはありとあらゆる場面で重宝するアイテムです。

20180320sumaho

スポンサーリンク

しかしスマホの難点と言えるのが月額料金の高さで、ドコモ、au、ソフトバンクといった大手キャリアでの月額料金は6000~7000円くらいというところでしょうか。

それが1台の料金ですから、家族の分も考えると1ヶ月に20000円前後はかかることになります。

毎月のスマホ料金を経費として計上したとしても、仕事で使う割合を考えればせいぜい50%、良くても70%くらいでしょうから、それほど率の良い必要経費とは思えません。

そんな人たちの助け舟として現れたのが、格安スマホとか格安SIMなどと言われるものです。

格安スマホの通信システムは大手キャリアの回線を借りているので、品質的には劣ると言われていますが、電話やネットの閲覧などの基本的なことはほぼ問題なくできます。

にもかかわらず、月額料金が数百円から利用できるという非常に便利なシステムです。

格安スマホを利用して、スマホの2台持ちをすれば1台はプライベート用、もう1台は仕事用と完全に分けることも可能で、仕事用のものなら100%経費で落とせます。

格安スマホ、格安SIMを提供している会社は楽天モバイル、UQモバイル、BIGLOBEモバイル、LINEモバイル、mineo(マイネオ)DMMモバイル、LIBMO、OCNモバイル、nuro(ニューロ)モバイル、IIJmioなどがあります。

これら格安スマホを契約して、送られてきたSIMをスマホに挿し変えれば、月額料金が数百円から利用できるようになります。

ただし、格安スマホ会社がドコモ、au、ソフトバンクのうち、どこの回線を利用しているかを把握して、その回線で動かせるスマホを用意するか、SIMフリースマホを用意する必要があります。

例えば、ドコモのスマホを使っている場合、楽天モバイルはドコモ回線を利用しているので、ドコモを解約してMNP予約番号を発行してもらい、SIMを抜いたら、楽天モバイルでMNPをしたSIMを差し込めば、スマホはそのまま使えて月額費用は3分の1や4分の1に減らすことができるわけです。

格安スマホを利用すれば月額費用を安く抑えることができるので、軽貨物運送業の専用回線として持つのもいいかもしれません。

スポンサーリンク

そんな格安スマホをさらお得に使うために便利なのが、エントリーパッケージというものです。

エントリーパッケージというのは、簡単に言えば割引券みたいなものです。

どこの格安スマホ会社でも申し込み時に3000円以上の契約事務手数料がかかりますが、エントリーパッケージを利用すると契約事務手数料が無料になるという特典があります。

このエントリーパッケージの入手方法ですが、どこかでもらうとかではなく、アマゾンで誰でも普通に買えます。

価格は300円前後から1000円前後と幅がありますが、これは各格安スマホ会社や契約プランによって変わりますので、自分に合った格安スマホ会社とプランで選びます。

このエントリーパッケージを上手に利用すれば、初期費用をかなり抑えることが可能ですので、使わない手はありません。

エントリーパッケージのデメリットとしては、他のキャンペーンと併用できないことや月額費用の初月無料などの特典が無くなることがあります。

また半年から1年ほどの縛りがある場合もあるので、そのあたりは契約する格安スマホ会社の規約をよく確認する必要があります。

ちなみに管理人は楽天モバイルのエントリーパッケージを使って、家族3人分のMNPをしましたが、1ヶ月のスマホ料金が3台約8000円ほどかかっていたのが、今では3台約5000円になりました。

エントリーパッケージは各社ありますので、こちらから自分にあった格安スマホ会社のエントリーパッケージを探してみてください。