アマゾンフレックスについて~軽貨物運送業者にとって吉と出るか?凶と出るか?~

この記事ではアマゾンフレックスについて管理人が集めたさまざまな情報をまとめています。

スマホの普及と共に拡大し続けているのがネット通販による宅配です。

宅配が増えるということは我々のような軽貨物運送業を営む者にとってはありがたいことだと言えるでしょう。

ネット通販の大手ネットショッピングサイトの中でもアマゾンの利用者は特に多く、宅配の仕事をしたことがある方なら100%に近い確率で取り扱った経験があると思います。

アマゾン商品の宅配と聞くと2017年に大変動がありました。

ヤマト運輸のアマゾン撤退、それによって後を継いだデリバリープロパイダ問題がありました。

2017年2月にヤマト運輸が配送システムの変更を発表してから、5ヶ月が経過しましたが、これが今、問題となっているようです。最も深刻化している...

そんなアマゾンが2019年春から始めたのがアマゾンフレックス(Amazon Flex)なのです。

https://flex.amazon.co.jp/

管理人がアマゾンフレックスの存在を知ったのは2019年の初夏でしたが、その時点はこの新しいシステムがどうに展開していくのか?わからなかったので様子を見ていました。

しかしアマゾンフレックス開始から半年近く経過し、早々に参入した軽貨物運送業者などの感想や口コミも見かけるようになり、さまざまな事がわかってきましたのでまとめてみました。

スポンサーリンク

アマゾンフレックスとは

アマゾンフレックスとは、アマゾンから直接、配達の仕事を請け負うことができるシステムです。

アメリカでは2015年から始まりましたが、それから4年後の2019年に日本でも稼働しはじめた新しい軽貨物の仕事の形です。

今までのアマゾン商品の宅配は必ずどこかの組織に所属して行っていましたが、アマゾンフレックスはどこの組織にも属すことなく、アマゾンから仕事を請け負うことができるようになりました。

アマゾンフレックスの特徴

アマゾンフレックスの特徴として挙げられるのは次の3つです。

・個人でアマゾンから仕事が請け負える

どこかの組織に所属していない完全な個人事業主でアマゾンから宅配の仕事が請け負えます。

・報酬形態が個数ではなく2時間から8時間のブロック単位

宅配の報酬形態としての多くは1個配達して150円などの個数制ですが、アマゾンフレックスでは時間単位のブロック単位の報酬となっています。

ブロックには2時間、3時間、4時間、5時間半、6時間半、8時間などがあり、個数や軒数は関係無く報酬は2時間で4000円前後となっています。

・報酬の支払いが週単位

軽貨物運送業の報酬支払いは早くても月末締めの翌月末払い、遅ければ2ヶ月後や3ヶ月後などと資金繰りに困ってしまうような支払い形態がありますが、アマゾンフレックスでは1週間にこなした仕事の報酬が日曜締めの水曜払いという週単位で支払われます。

また働き方には以下の2種類があります。

アマゾンフレックスプロ(Amazon Flex PRO)⇒週50時間程度の宅配ができる方

アマゾンフレックス(Amazon Flex)⇒都合の良い時のみ宅配ができる方

稼働時間は8:00~22:00までとなっています。

これらのことから、自分の都合の良い日や時間帯に仕事を入れることができるので、完全なフリーランスの軽貨物運送業が目指せますし、報酬の支払いも早いので資金の確保も容易になることが考えられます。

スポンサーリンク

アマゾンフレックスの始め方

アマゾンフレックスを始めるための必要条件は以下の3つです。

・満20歳以上

・各種保険に加入済みの営業ナンバー付き軽貨物自動車を持っている(もしくは購入可能)

・アマゾンフレックスのアプリが使えるスマホを持っている(もしくは購入可能)

軽貨物運送業を開業している方やこれから開業予定の方のほとんどはなんの問題も無く、必要な条件を満たしているでしょう。

その他、以下に挙げた書類等が必要になります。

・運転記録証明書

・自賠責保証

・任意保険証券

・車検証

・銀行口座

アマゾンフレックスの登録方法

アマゾンフレックスに登録するにはまずアマゾンフレックスのアプリをダウンロード&インストールことから始まります。

①スマホ(Androidもしくはiphone)からアマゾンフレックス公式サイトにアクセスして『アプリをダウンロード』からアプリをダウンロード&インストールします。

②アプリ内から必要書類をアップロードします。

③アプリ内にある研修ビデオを見て、仕事のやり方の流れを確認します。

わからない場合はアマゾンフレックスに問い合わせをしてください。

アマゾンフレックスに問い合わせ

電話番号:0120-899-451(タップで発信できます。)

メール:amazonflex-support@amazon.co.jp

アマゾンフレックスの仕事の流れ

アマゾンフレックスの登録が終わったら、仕事を入れていくことになりますので、仕事の確保の仕方から積込み、配達までの仕事の流れを簡単に説明します。

①まずはアプリ内から『配達ブロック』と呼ばれるシフトが表示されるのでご自分が働ける日と時間帯を決めます。

②ご自分が働けるブロックが確保できたら、当日の希望した時間帯に荷物が置いてあるターミナルに出向きます。

③ご自分の担当地域の荷物を確認し、アプリで荷物をスキャンしながら積込みます。

④スマホでのスキャンが完了するとアプリ内に配達ルートが表示されますので、それに従って配達をします。

スポンサーリンク

アマゾンフレックスの稼働エリア

アマゾンフレックスの仕事は現在、軽貨物運送業を営んでいるけど仕事が少ないという方や空き時間を有効に使いたいという方にとって画期的なシステムだと言えるでしょう。

しかし、非常に残念なことに稼働エリアが都市部のごく狭い地域に限定されいます。

2019年9月現在の稼働エリアは次の通りです。

東京都の大田区・豊島区・三鷹市周辺

神奈川県の横浜・川崎

愛知県の名古屋市

つまり、残念ながら現時点は地方在住の軽貨物運送業者はアマゾンフレックスは始めることができません。

アマゾンフレックスのメリット・デメリット

アマゾンフレックスは今までにないまったく新しい軽貨物の仕事の形ということから、ここまで調べてきた結果、考えらえるメリットとデメリットが明確になってきましたので挙げてみます。

メリット

・自分の都合の良い時だけ仕事を入れることができる

・自分の休みたい時に休める(仕事のキャンセルは24時間前まで)

・決められた時間のみで残業は一切なし

・配達完了すれば時間未満でも金額は減らない

・宅配の問題点でもある再配達をしなくてよい

・報酬金額が明確で時給換算2000円

・報酬支払いサイクルが週払いなので早い

デメリット

・どこでどうやるかの詳細を教えてくれる人がいない

・アプリが仕事のすべてなのでバグが起こると仕事に支障が出る

・新しいシステムの導入期なので制度変更が頻繁にある

・人口と荷物の多い都市部のみしか働けない

現時点ではこのようなメリットとデメリットがあると言えるでしょう。

スポンサーリンク

アマゾンフレックスの評判

アマゾンフレックス開始から半年近く経過したことで、実際にアマゾンフレックスの仕事をしている方はどのように感じているのか?評判が気になるところです。

そういった方々の口コミや感想が現場で働く生の声としてTwitterに投稿されていますので、その一部をここに掲載しておきます。

アマゾンフレックス関連のその他のツイート

ここに掲載したツイートはほんの一部ですが、アマゾンフレックスで仕事をしている方と思われるツイートで良い印象のツイートは見かけませんでした。

これらの口コミや感想のみでアマゾンフレックスの評判の良し悪しを判断してしまうのは少々乱暴かとは思いますが、ある程度の参考にはなるのではないでしょうか。

アマゾンフレックスについての動画

アマゾンフレックスについてはTwitterだけでなく、YouTubeにもさまざまな動画がアップされていましたので、ここでご紹介しておきます。

アマゾンフレックス関連のその他のYouTube動画

ここに掲載したYouTube動画はほんの一部ですが、Twitter同様にあまり良い印象の動画は見かけませんでした。

やはり動画のみでアマゾンフレックスの評判の良し悪しを判断してしまうのは少々乱暴かとは思いますが、ある程度の参考にはなるのではないでしょうか。

アマゾンフレックスの問題点

ツイートやYouTubeで知り得た情報のみですが、現時点でのアマゾンフレックスの問題点とは何か?を考えてみました。

・仕事の仕組みが出来上がっていない?

まず第一に考えられるのが、頻繁に仕事をする上でのルール変更などがあるようなので、現時点では仕事の仕組みが流動的で実際に仕事を進めてみて、問題点が浮き彫りにされていき、その問題点を解決しながら徐々に仕事の仕組みが出来上がっていくのかもしれません。

・軽貨物運送業者が増えることで仕事の取り合いになる?

アマゾンフレックスの仕事は他の宅配と違い、自分の都合の良い日、時間帯を選んで働くことができるのが魅力ですが、軽貨物運送業者の参入が増えることで仕事が取れないこともあるようなので、安定した仕事を得られるのかは不明です。

・意味不明のアカウント停止がある?

本人はルールを守って仕事をしているつもりでも、アマゾンフレックス側がNGと判断してしまうとアカウントが停止になり、仕事が受けられなくなることもあるようです。

アマゾンフレックスの今後とまとめ

アマゾンとの直接契約で完全なフリーランスの軽貨物運送業ができる可能性があると感じたアマゾンフレックスですが、現時点ではそれほど甘くはないようです。

アマゾンフレックスの今後を考えてみますと現時点でのさまざまな問題点が解決されて、非常に良い仕事になることもあり得ますし、逆にアマゾンフレックス自体が消滅する可能性もあり得ると思っています。

もし問題点が解決されて、地方でも仕事ができるようになれば、世界のアマゾンですからフリーランスの軽貨物運送業者にとってはうま味のある仕事になるかもしれません。

個人的な意見を言えば、今後さまざまな結果が想定できる現時点では、アマゾンフレックスへの参入は様子見が賢明なのかもしれないと感じています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする