2年で60000km走った6年落ちの軽貨物自動車の車検代はいくらかかったか?

軽貨物運送業で使用する軽貨物自動車は4ナンバーですが、普通商用車4ナンバーの1年車検と違って車検は2年です。

管理人の車はスズキエブリイですが、2016年の10月に購入した中古車で年式は2012年式なので4年落ち、購入時の走行距離は14000km、車検2年付きで総額74万円となかなかの掘り出し物でした。

そのエブリイも2年経過し、先週、車検に出しましたので、2年で60000km走った6年落ちの軽貨物自動車の車検代はいくらだったのかを公開します。

20181105syaken

スポンサーリンク

走行距離14000kmだったものが、現時点で75000kmになっているので2年で60000km、1年で30000km、1ヶ月で2500km走った計算になります。

1ヶ月2500kmというのは軽貨物運送業としては少ない方ですが、体感はできなくてもさまざまな場所に不具合や交換が必要な部品などが出てくると思うので、車検代がいくらになるかちょっと不安でした。

ディーラーに車検の予約をして見積りを出してもらったところ、最初は約125000円と言われ、なぜそんなに高くなるのか内訳を聞いたところ、その中に新品のタイヤ代が入っていました。

今履いているタイヤは昨年の10月末にコミコミ14000円ほどで入れた9分山ほどの中古タイヤでしたが、12月から4月まではスタッドレスタイヤに履き替えていたので、実際に乗っていた期間は7~8ヶ月でした。

それでも確かに山はかなり減っていましたし、プラットフォームが出てしまっていたので、車検には通らないかもと思ってはいました。

しかし万が一ということもあるので、そのまま持っていったのですが、案の定タイヤだけが引っ掛かりました。

さすがに総額30000円もするノーマルタイヤを入れるなんて、軽貨物運送業ではありえないので、スタッドレスタイヤを履いたホイールを持っていくことを考えたのですが、今履いているスタッドレスタイヤもノーマルタイヤ以上に山が減っていて、今年はスタッドレスタイヤを買うつもりでいましたのでそれも使えません。

本来なら新品のスタッドレスタイヤとホイールのセットを買う予定でしましたが、車検のためにそれをあきらめて急遽、中古タイヤ屋に電話してスタッドレスタイヤを探したところ、運良くヨコハマで9分山の中古スタッドレスタイヤが見つかりました。

スポンサーリンク

価格はコミコミで約12000円かかりましたが、今年の冬はこのスタッドレスで乗り切って、来春、ノーマルタイヤを入れて、スタッドレスタイヤホイールセットは来年の冬に延期しました。

そのスタッドレスタイヤ付きのホイールに履き替えることで30000円減らせたので、見積り額は94881円で、交換部品はブレーキパッド、エアクリーナーなどの他には特に何もなかったので、支払い額もそのまま94881円になりました。

車検代の内訳は以下の通りです。

法定費用 31670円

(内訳:重量税印紙代5200円 自賠責保険料25070円 検査手数料等1400円)

部品代 14655円

技術料 28874円

諸費用 15000円

(内訳:検査代行料8500円 その他費用6500円)

消費税 4682円

合計 94881円

今回の車検代は約10万円でしたが、2年後の車検は交換部品も増えるでしょうから、もっとかかると思います。

毎月の売り上げから車検代として用意しておければいいのですが、管理人のように売上が少ないと生活費に回す方が先になってしまうので、なかなかうまくいきません。

逆に売上が良かった時になるべく多めに貯金をすることで、車検代や修理費などをどうにかまかなっています。

2年後に131541kmになった車検費用 2020年11月1日追記

2018年車検時には約75000kmだった走行距離が2年後の2020年には131541kmとなり、やはり2年で約60000万km走りました。

同じ地域の企業宅配を続けているので走行距離がほぼ変わらないのは当然としても、2年で地球1周半というのは、軽貨物運送業としてはやはり少ないです。

そのような状況で車検の時期になったのですが、前回と違い、10万kmオーバーしているのでいろいろなところに不具合が出てきているのではないかと心配していましたが、総額86400円と予想よりも低い金額で収まりました。

内訳は以下の通り

税金・保険 27440円

重量税印紙代5200円

自賠責21140円

印紙代1100円

整備工場手数料 9900円

車検時手続費用5500円

検査機器使用料2500円

書類作成料1000円

課税諸費用消費税900円

整備部品代 13100円

ファンベルト2200円

エアコンベルト1600円

バッテリー液2本100円

廃タイヤ処分料600円

ブレーキオイル交換1000円

リヤワイパーゴム850円

ロアボールジョイントブーツ2個1800円

タイロットエンドブーツ2個500円

LEDハイフレヤー800円

ハイマウントストップランプ4個800円

リヤブレーキライニング1930円

カバークリップ4個560円

工賃 31500円

車検整備基本料18000円

ブレーキO/H3000円

エンジン調整3500円

持ち込みタイヤ2本交換3000円

ロアボールジョイントブーツ交換2000円

タイロットエンドブーツ交換2000円

13万kmオーバーでも費用が予想よりも安く抑えられた要因として考えられることは普段からある程度のメンテナンスはしていたのと、すべてが高いディーラーではなく良心的な街の修理工場での車検だったことだと思っています。

あとやはりタイミングベルトではなく、10万kmごとの交換が必要ないタイミングチェーンは助かりました。

2020年は新型コロナの影響で売上が激減した時期もありましたが、10万円の給付金があったことでどうにか車検代が払えました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. しんきち より:

    はじめまして
    軽貨物配送を始めようと
    色々webサイトで調べていたところ、御社サイト見つけました。
    結構、参考になりました。
    これからもちょくちょく拝見します。

    • keika より:

      しんきちさんはじめまして。
      コメントありがとうございます。
      軽貨物運送業の開業がんばってください。
      こちらも役に立つような情報を発信していけるようにがんばります。